HH-UV ペースト
¥3,780

ベース兼用高速ペーストワックス
滑走面に簡単に伸ばして、アイロンで加熱作業すれば、パラフィンWAXのアイロン作業とほぼ同じ効果が獲得できます。もちろん、塗って、コルク圧着でそのまま滑ることもできますが、アイロン等の熱作業を加えると、持続性&高速性も一段と向上し、注目すべきは、アイロン設定温度は80~90度で可能、すなわちパラフィンWAXのアイロン作業のように100℃~120℃の高温は不要です。滑走面やエッジ際の高温による損傷は全く心配ありません。

高フッ素&高フラーレン含有ベース兼用高速ワックス、HHHより柔らかく-10℃~+10℃の間で使用可能だが、 ベストな気温帯は-6℃~+4℃。またグラファイトが入っていないのでナチュラルシンタードソールなどにも最適。

使用温度帯:-10℃~+10℃
内容量  :80g

 

ワックスについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!

【スキーワックス完全ガイド】ホットワックスのやり方から簡単ワックスまでプロが解説!